当サイトの記事にはアフィリエイト広告が含まれています。

Windows

【検証】Office2007はWindows11環境でも新規インストール可能です

Windows11でOffice2007をインストールしている画面

Microsoftのドキュメントによると、Office2007のサポートOSはWindows8.1までとなっており、Windows11どころかWindows10にも非対応ということになります。

しかし、WindowsとOfficeバージョンの対応関係は、これまでを振り返るとドキュメント通りでないことが多いです。

手元にOffice2007のパッケージがあったので、

仮想環境のWindows11マシンに、インストールを試してみました。

Microsoftは、公式にはOffice2007をサポートしていないが...

結果、Windows11 Pro 22H2 OSビルド22621.2215環境に、Office 2007 Personalをインストール可能であることを確認できました。

Office2007インストール完了画面

15年前のOfficeが最新のWindowsで動くって、衝撃です。

インターネットのライセンス認証も問題ありませんでした。

Windows11でOffice2007のインターネット認証が完了している画面

Windows Updateでの、Office2007の更新プログラム取得も問題なし。大量にありました。

Windows UpdateでOffice2007の更新をしている画面
Windows11でOffice2007 SP3(バージョン12.0.6787.5000)を起動している画面

Office2007はサポート終了しているので注意

今回は検証のためインストールしましたが、Office2007は、2017年10月10日にサポート終了しており、現在はセキュリティアップデートが配信されていません。

Microsoft公式ではWindows11に非対応のバージョンであるため、すべての動作の保障はできません。

セキュリティと動作トラブル発生リスクをご承知の上、お使いください。

基本的には推奨しません。

この情報が役立った方はシェアしていただけると嬉しいです。

-Windows
-,

© 2024 UNNO LOG